病院、薬局など医療関係企業は…
医療機関は、患者様のお薬の情報を参照できます。
医師は、患者の調剤情報から持病が推測できるため、診療に活かせます。
歯科医師へのアレルギー情報の共有により、副作用のリスクを軽減できます。
調剤薬局は、当該製品を地域単位で利用することで、薬剤師の登録業務を軽減できます。
救急医療機関は、患者の持病(アレルギーなど)や血液検査の情報を事前に把握することで、搬送中の適切な対応、 対応病院での準備作業が可能になり、処置事故等のリスクを軽減できます。

患者様は…
調剤情報を電子媒体で管理することで、情報の紛失を防げます。
医療機関に一元管理された情報を提供することで、診察や調剤等で発生するリスクを軽減できます。